快適な毎日を過ごせる設備|修理やリフォーム、業者がパパっと解決

床が綺麗になる

張り替えや重ね張りやコーティング

フローリングのリフォームは、張り替えまたは重ね張りという方法でおこなわれています。 張り替えとは、現在のフローリング材をはがした上で、新しいものを張るというリフォームです。それに対して重ね張りは、現在のフローリング材をそのまま残し、その上に新しいものを張るという方法でおこなわれます。はがす作業や、はがしたものを廃材として処分する必要がない分、工事が早く終わりますし、費用も安く抑えることができる点が特徴です。 また、張り替えや重ね張りではなく、現在のフローリング材にコーティングをするというリフォームもあります。コーティングすることで、新しいフローリング材のように美しくつややかな状態になりますし、水や汚れを弾くようになります。それでいてかかる費用は、張り替えや重ね張りより少ないのです。

それぞれのリフォームの料金

フローリングのリフォームにかかる平均的な費用は、6畳間の張り替えの場合で約10万円ほどです。そして重ね張りの場合はそれよりも安く、6畳間で7〜8万円となっています。 ただしいずれの場合も、選択するフローリング材によって多少費用が異なってきます。合板の場合は比較的安価ですが、樹木から一枚の板として切り取ったものだと、やや高価です。また、樹木には色々な種類があり、それによっても費用は違ってきます。たとえばスギやレッドパインと比べると、チークやローズウッドはやや高価なのです。そのため張り替えや重ね張りの具体的な費用は、フローリング材次第と言えます。 一方コーティングの費用は、フローリング材の種類に左右されません。1畳あたりの費用がだいたい5千円なので、6畳間なら3万円ほどかかります。

↑ PAGE TOP